ことばがおくれてるかな?と思うパパママへ

ことばの育ち

うちの子、なかなかおしゃべりができなくて。

他の子とくらべてもちょっと遅い気がして、心配。

うちもだよ。

毎日ネット検索して調べまくってる。

あれが悪かったのかな?とか

言葉がけが少なかったのかな?とか日々悶々としています。

いろいろ調べてくださっているんですね。

でもその時点ですでにおこさん思いのパパとママです!

お子さんたちは幸せです。

ちょっとことばについて考えてみましょう!

そもそも「ことば」とは?

「ことばがでてくる」とはどのようなイメージですか?

  • 自分の気持ちを言える。
  • 楽しくおしゃべりができる。
  • その日あったことを話せる。 などなど・・・・。

実はこれだけではないのです

「ことば」をみるポイントは次の3つ。

  1. ことばが言える。
  2. ことばがわかる。
  3. 伝えたい気持ちがある。

アイコンタクトを取ったり、物を見せにくる、とか

「つたえたい」

という気持ちがあることが何より大切です。

そういえば、楽しいことがあるとニコニコしてこっちを見てくる。

それがまたかわいい。

「話さない」という点ばかり気になっていたけど、

親の言うことは結構わかってるみたい。

私たちはどうやって話し始めたんだろう?

声の出し方~ことばがいえる~

音声の元はなんでしょう?

そう「空気」です(肺から出ますネ)

これが声帯を震わせます(のどにあります)

ぶーという音がでます。(喉頭原音といいます)

口形を変えたり、舌を使っていろいろな音を出します。

体全体を使って音を出しています。

だから体全体が育っていくことが大切です。

「口形を変えたり、舌を使っていろいろな音を出している」って

さらっと書いてるけど、これが結構難しいのでは?

そうなんです。

例えば「りんご」と言ってみてください。どのくらい舌や口をうごかしてますか?舌を前後に動かしつつ口の形も変えていませんか?「話す」ってとても高度で複雑な動きなんですよ。

「🍎←これなに?」がわかること~ことばがわかる~

🍎=「りんご」だけでは言葉がわかったとは言えません。

🍎=「たべられる」「甘酸っぱい」「皮は赤いけど果肉は白い」「名前はりんご」…、ということがまず頭の中に入ってることが大切です。

頭の中の辞書みたいなものですね!

「りんご」と聞いて「🍎」「食べられる」「甘酸っぱい」「皮は赤いけど」…が思い浮かぶ

これで初めて「言葉がわかった」と言えるのです。

こんなに複雑なんだ。

どうやって教えていったらいいんだろう。

基本的な関わり方で大丈夫!

次から生活の中で言葉を伸ばすには?

をみていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました